Entries

花とキノコの陣場山周辺

2013年08月03日(土) [日帰り] 曇り<一時小雨?>

陣馬高原下を起点に
陣場新ハイキング道、明王林道を歩くお馴染みのコースです。

車で陣馬高原下に到着したのが11時過ぎ。
こんな時間でも、それなりに楽しめてしまうのがこのコース。

陣場山山頂で山ご飯、花を楽しみ景色(今日は近場の山だけ)を眺望。
大休止のあと明王峠までゆっくりと尾根道を歩き、峠でトイレと小休止。
明王峠から底沢峠の分岐まで短い尾根道を歩き明王林道へ曲がります。
明王林道は、急傾斜の下りで赤土露出、ザレ場、藪漕ぎ、落ち葉など、
どれも短いですが、気を抜くと、スリップしやすく最悪転びます。

手やストックが汚れたら、林道出口の沢水で落とせます。
夏のこの時期は、ハンカチを沢水でぬらし汗をぬぐうと最高です。

re_IMG_6832.jpgre_IMG_6837.jpgre_IMG_6839.jpgre_IMG_6840.jpg
re_IMG_6849.jpgre_IMG_6856.jpgre_IMG_6861.jpgre_IMG_6868.jpg
re_IMG_6873.jpgre_IMG_6875.jpgre_IMG_6876.jpgre_IMG_6881.jpg
re_IMG_6886.jpgre_IMG_6888.jpgre_IMG_6901.jpgre_IMG_6902.jpg

陣馬高原下から舗装路を歩き始めると道端の看板の裏に赤い実を発見。
こんなところにマムシグサが自生しているとは驚きです。

1時間程歩くと、樹木の葉に雨粒が当たる音が聞こえてきました。
レインウェア着るか迷ったのですが、一向に雨粒が落ちてきません。
どうやら樹木の葉が傘のように雨粒を受けてくれているようです。
様子を見ながら歩いているといつの間にか雨音が野鳥の声となっていました。

陣場山の山頂付近は時折ほのかにあま~い香りがしてきます。
キアゲハがフリージアや終わりが近いヤマユリの蜜を無心に吸っていました。

明王林道の広葉樹帯は名前不明の白いキノコがたくさんでています。
白いキノコは毒キノコで絶対採ってはダメです。でも綺麗でした。

明王林道の出口が近づくと、突然赤い実と遭遇、マムシグサです。
マムシグサの実、花の事典では秋に赤くなると書かれていますが、
もう山は秋の気候なのでしょうか。

陣馬高原下まで、雨に降られることもなく
花やキノコを探し見ながら今回も楽しく歩くことができました。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://dourakunohibi.com/tb.php/12-655ef21b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

JI1SMA

道楽のブログにようこそ。

アマチュア無線局
コールサイン:JI1SMA
ACC#2454

JCC#1002
GL:PM95PQ

八王子市アマチュア無線クラブ員

主な趣味
フライフィッシング。フライタイイング。
真空管&Trアンプ作り。電子工作。
ながら天体観測。

好きなこと
低山歩き。オイカワ釣り。
女性VocalJazzを聴く。天文学。

気になること(よく分からないから)
ニュートリノ。素粒子。
インフレーション理論。調弦理論。

旧ブログ:道楽の日々

最新トラックバック

アクセスカウンター

算数でわかる天文学

¥3,240

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR